★絶版★種子島の昔話「ひょうたんめん」神沢利子・赤羽末吉

ひょうたんめん(日本のむかし話・3)

神沢利子/文
赤羽末吉/絵
偕成社 

種子島に住む妖怪「ひょうたんめん」の昔話

種子島では、地元に住む妖怪のことを
"めんこう"と呼んでいるそうです

「ひょうたんめん」も、めんこうの一種で
その名のとおり、ひょうたんお化け

妖怪なのに、ユーモラスな風貌、ちょっと間の抜けたところもあり
愛嬌さえ漂います

神沢利子さんの文は、種子島に伝わるおはなしをもとに
乙次郎孫次郎(おとじろうまごじろう)さんと
ひょうたんめんとの攻防が、いきいきと伝わってきます

赤羽末吉さんの絵は、おおらかで愉快!
植物系の妖怪らしく、柔らかく、くねくねとした動きが見事に
表現されています

最後には、ひょうたんめんがやっつけられるのですが
その姿がかわいそうに思えるぐらい
憎めないお化けです

「ドクター・ゾディキャットかく語りき 猫の猫による猫のための星占い」宮沢照代

ドクター・ゾディキャットかく語りき 猫の猫による猫のための星占い

Dr.Zodicat/著
宮崎照代/絵・訳
ジー・シー・プレス

宮崎照代さん描く、おめめパッチリ
エレガントな王子さま猫、王女さま猫が
星座ごとの個性豊かなコスチュームで登場します

お着物やドレスに身をつつんだ淑女猫、貴族風紳士猫など
着るものや、背景画にもこだわった、珠玉の猫さまたちです

著者は、Dr.Zodicat(ドクター・ゾディキャット)となっていて
訳が宮沢照代さんとなっていますが
Dr.Zodicatは、架空の猫博士

自ら考案した、「タリラリラン法則」に基づいて
各星座の猫たちの性格、行動を分析し語る
講座風になっています

これを読めば、気位高き飼い猫さまへのご奉公も
スムーズに!いくかと思います(=^・^=)

面白くてためになる、ドクター・ゾディキャット博士の
うんちくをおたのしみください!!

ダンボ ディズニーのジャンボ絵本8

ダンボ ディズニーのジャンボ絵本8

芦沢良子/文
水野プロ/装丁
三石宏文・佐藤悦夫/構成
講談社


いろいろなディズニー絵本が出版されていますが
この絵本は、ジャンボ絵本シリーズ
縦32cmの、大型ボードブックが、函にはいっています

かわいいダンボちゃんが、大きな大きなカラフル画で楽しめます(*^_^*)

・・・1974年版です!!!・・・

古いディズニー絵本コレクション
ダンボ絵本コレクションの一冊に、いかがでしょうか(*´▽`*)♪♪♪

 

★レア乗り物絵本★日本航空「ジャンボエアバス6つのいいこと」ボーイング747-SR


ジャンボエアバス6つのいいこと

永井郁/イラスト
日本航空/企画・制作
日本航空

発行年は記載されていませんが、古い絵本です
タイトルにある747-SR機は、1973年から飛んでいるようですが
本文イラストのスチュワーデスさんの制服は、1977年までのものらしいので
この絵本は、1973年から1977年の間に制作されたのではないかと思います

ジャンボジェットの愛称で親しまれ、フライトを終了した
B747機の貴重な絵本です

利便性やエネルギー資源の節約、静かさや
ゆったりとした快適な乗り心地など、ジャンボの6つの利点を
文と絵で紹介しています

ターボファン・エンジン内部が精密に描かれた絵や
油圧系統や電気系統の設計図の絵
(簡略化されたもので、本物ではないと思いますが)
機内の、座席配置図(座席の色も塗られています)

赤いベルト、青いミニスカートの制服姿のスチュワーデスさんの絵も
載っています

表紙と裏表紙を広げると
赤いツルのJALロゴマーク(
鶴丸)をつけた
ジャンボジェットが大きく描かれています

★アイヌ神話★ 1984年福武書店版初版本「カムイチカプ 神々の物語」四宅ヤエ/語り・寺島圭三郎/絵


カムイチカプ 神々の物語


寺島圭三郎/絵
四宅ヤエ/語り
藤村久和/文
福武書店

狩猟採集文化を持つアイヌの人々は
動植物に感謝と畏敬の念を持って
神として崇めていたそうです

カムイチカプは、神の鳥という意味で
シマフクロウのことです

神である動物が主人公となり語る、さまざまな物語を
カムイ・ユーカラというそうです

本作は、アイヌの伝統であるカムイ・ユーカラを語り継いできた
語り部のひとり、四宅ヤエさんの語りをもとに制作されています

シマフクロウの神の力が、どれだけ神聖で強いものなのか
力強く語っています

そして、シマフクロウが暮らす山から見下ろす大海原には
シャチの大群と…雄大な北海道の光景も見ごたえがあります

手島圭三郎さんの荒々しく個性的な版画絵がアイヌの神話に調和して
シマフクロウを敬い、自然とともに生きる、アイヌの人々の心が
現代によみがえったようです

ポーのクリスマス STRAY SHEEP

ポーのクリスマス STRAY SHEEP

野村辰寿/作
主婦と生活社

寝ている間に、知らないところに行ってしまう
迷える小羊(STRAY SHEEP)、ポーの絵本です

フジテレビで放映された
野村辰寿氏によるアニメのポーが
クリスマスバージョンの絵本の主人公になっています

表紙は、もこもこちっちゃなポーが、クリスマスリースの上で
眠っているシーン

ポーは、どこへ行ってしまうのでしょう

雪の中、とぼとぼ歩いているポーは
テレビに映し出される、赤い服のおじいさんに
くぎづけになりました

子どもたちにプレゼントを配り、さっそうと帰って行く
おじさんにあこがれるポー

すると、ある家にそのおじさんを発見!

なんと、ポーは、トナカイのふりをして( 一一)
おじさんのお手伝いをすることに成功♪

でも、意気揚々のポーに、こわ〜いできごとが待ち受けていたんです\(゜ロ\) (/ロ゜)/

つづきは、絵本で〜〜

★入手困難★「かえでのジョニー」 アルヴィン・トゥレッセルト/ロジャー・デュボアザン

かえでのジョニー

アルヴィン・トゥレッセルト/文
ロジャー・デュボアザン/絵
晴海耕平/訳
童話館出版

一枚のかえでの葉が芽吹きました

名前をジョニーと言いました

ジョニーは、自分にとって今いる場所が
世界じゅうのほかのどこよりも
かけがいのない場所だと思いました

春がすぎ、夏がすぎ
森のかえでの木のまわり、ジョニーのまわりには
たくさんの動物たちや鳥たちや草花たちが
づつぎと訪れて、去っていきます

そして、秋のある日、ジョニーは自分の体が
黄色くなっていることに気がつきました

風が枝をゆらし、仲間の葉を落としてしまいました

今はあんなに賑やかだった動物たちの声もなく
ジョニーはひとりぼっちでした

みんなどこへいってしまったんだろう

その時、風がふき、ジョニーのからだは枝から
はなれました

仲間のかえでの葉たちの元へ落ちていったジョニーは
しずかな眠りにつきました

ここは、世界じゅうのどこよりも自分にとって
かけがえのない場所だと思いながら・・・


春から冬へと移ろう
自然のやさしさに包み込まれるような
森の木への鎮魂歌です

満月の今宵、スーパームーンが雲の隙間から顔を
のぞかせました

2015.9.28スーパームーン01

急に雲がきれて、雲をそめて月が輝いています

2015.9.28スーパームーン02

こんな幻想的な月の夜にはファンタジーの世界が
よく似合います

夜を照らす月の光はやさしいですね

やさしい、大好きな月に会いに行った
ちいさなくまのはなしです


★絶版★「おつきさまとちいさなくま」アンドレ・ダーハン

おつきさまとちいさなくま

アンドレ・ダーハン/作
きたやまようこ/訳
講談社
★絶版★

お月さまに会いたいちいさなくまが
お月さまに一番近いところをめざして
一生懸命ボートをこぎます

すると、魔法がかかったようにボートは空をとび
お月さまの住む世界へ

お月さまと星たちが住む世界は
見たこともないような、カラフルで、とても美しい世界!

空想や夢の世界は、どんなこともできるし、どんなところへも行けるよ
いつもだれでも、お月さまに会えるよ!
お月さまのやさしい言葉が、ちいさなくまを勇気づけます

★絶版★1977年版「ひみつのかくればしょ」レイニイ=ベネット

ひみつのかくればしょ

レイニイ=ベネット/作・絵
おかもとはまえ/訳
偕成社

レイニイ・ベネットさんはアメリカで壁画家として活躍され
作品は、メトロポリタン博物館などに
多数展示されているそうです

この絵本もまず目をひくのは、柔らかな線描画と
独特の美しい彩色です

カバが主人公ですので、どことなくユーモラスな感じもします

ちいさなカバのヒッポは、他のカバにお世話されてばかり
チャールズにいさんをはじめ、たくさんの仲間のカバたちが
いつもいつも、ヒッポのまわりにいて、世話ばかりやくので
ヒッポはうっとおしくなり、ひとりになれる場所を探しにいきます

大人たちは、子どものためによかれと思って
先まわりして、あれこれだめと言ったり
過保護になったりします
でも、子どもの本音は、そんなことは嬉しくなくて
自分で考えたり試したりすることを
望んでいるかもしれません

そんな関係を、さりげなく風刺しているようにもとれる作品です

ヒッポちゃんは、最後に、みんなとつかずはなれずの
とぎきり良い、かくれ場所をみつけます

ちょうど良い距離って大切なんですね(*^▽^*)

加古里子「かわ」 1976年「こどものとも知識の本」版

かわ 「こどものとも知識の本」版

加古里子/作
福音館書店

1976年「こどものとも知識の本」第24刷です

「こどものとも傑作集」を経て
現在は「こどものとも絵本」として
ながーく愛されつづけている絵本ですね

山に降った雨や雪解け水が
小さい流れを作ります

山を下り、川となって
里山を流れ、町を流れて
やがて、広い広い海へと流れていきます

人々はそれぞれの暮らしの営みの中で川を利用します

川をせき止めて発電したり
田んぼに川から水をひいたりして利用します
河原には公園もあり、飲み水を作る浄水場もあります

その様子が詳しく描かれて、川の流れとともに
いろいろな暮らしが見えてきます

川をとおして、時間や空間、社会のしくみ(ほんの一部分ですが)に
興味をもち、そこから、もっともっと知識を掘り下げて
みたくなるような、きっかけになる絵本です

巻末には、「川を全体的にとらえた画期的な絵本」というタイトルで
無着成恭さんによる寄稿文が掲載されています。

また、「知識の本について」というタイトルで
おすすめ情報が書かれた紹介文と
「知識の本」シリーズ10冊のリスト(タイトル・作者)が載っています

「かわ」「ゆきのひ」「もりのむしとのはらのむし」
「しょうぼうていしゅつどうせよ」「とびうお」などです


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

絵本のご購入について

記事内の「本のタイトル」をクリックすると[絵本古本マーケットはっぴぃ]の詳細ページが表示されます。カートから本をご購入できます。在庫1冊かぎりとなっておりますので、リンクをクリックして詳細ページが表示されない場合は売り切れております。

Archive

Recommend

絵本作家のアトリエ1 (福音館の単行本)
絵本作家のアトリエ1 (福音館の単行本) (JUGEMレビュー »)
福音館書店母の友編集部
「しょうぼうじどうしゃじぷた」の山本忠敬さん、「だるまちゃんとてんぐちゃん」の加古里子さん、「ぐりとぐら」の山脇百合子さんなど、こどものともでお馴染みの絵本作家さんのアトリエ訪問

Recommend

センダックの世界〈新装版〉
センダックの世界〈新装版〉 (JUGEMレビュー »)
セルマ・G.レインズ
1982年刊の新装版です。
少しお高いですが、
センダックファン必見の書です。

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

 (JUGEMレビュー »)

【はっぴぃ】も
ネット通販特集記事で
紹介していただきました

Recommend

鈴木サツ全昔話集
鈴木サツ全昔話集 (JUGEMレビュー »)
鈴木 サツ
鈴木サツさん語り、遠野昔ばなし

Recommend

Recommend

Recommend

「幻のロシア絵本」復刻シリーズ
「幻のロシア絵本」復刻シリーズ (JUGEMレビュー »)
サムイル マルシャーク,A. オルスーフィエワ,コルネイ チェコフスキー,V. トワルドフスキー,ウラジーミル レーベジェフ,レフ ユージン,ウラジーミル コナシェーヴィチ,リジヤ ポポーワ,沼辺 信一

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

子どもの本 黄金時代の挿絵画家たち
子どもの本 黄金時代の挿絵画家たち (JUGEMレビュー »)
リチャード ダルビー, Richard Dalby, 吉田 新一, 宮坂 希美江
イギリスブックスビューティフル時代の画家作品と解説書

Recommend

Recommend

砂漠でみつけた一冊の絵本
砂漠でみつけた一冊の絵本 (JUGEMレビュー »)
柳田 邦男
大人のための絵本ガイド

Recommend

絵本のつくりかた〈1〉―あこがれのクリエイターとつくるはじめての物語
絵本のつくりかた〈1〉―あこがれのクリエイターとつくるはじめての物語 (JUGEMレビュー »)
酒井 駒子, 荒井 良二, あだち なみ, 竹内 通雅, 100%ORANGE, みづゑ編集部

Recommend

 (JUGEMレビュー »)

こどものともの歴史

Recommend

絵本の作家たち (1)
絵本の作家たち (1) (JUGEMレビュー »)
小野 明, 長 新太
3巻あります。
絵本作家さんの初期作品や
書斎、インタビューなど
初の絵本作家本

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM