ユリイカ 2007年7月号 特集=石井桃子 一〇〇年のおはなし
ユリイカ 2007年7月号 特集=石井桃子 一〇〇年のおはなし
青土社


100年ってすごいですね。

つい先日「ビロードうさぎ」(童話館出版)を読んだのですが

石井先生の文はどれも
目で読むよりも、語りの文のような気がします

翻訳された絵本や児童書も
美しくやさしい日本語で、声に出して読みたくなります。
子どもたちに語りかけるように書かれているのでしょうね。


少し優等生的、都会的でお上品な感じもします。

石井先生の文を読んで育った子どもたち
そして、これからも・・・・

100年、200年と再販されて欲しいですね。

はじまりはじまり―絵本劇場へどうぞ
はじまりはじまり―絵本劇場へどうぞ
今江 祥智

今江祥智さんが、絵本をガイドしてくれます
普通の絵本大好きおじさん(?)という感じで
読者の目線でその絵本の魅力や作者さんの魅力を
伝えてくれます

絵本ってほんとに楽しいな〜

絵本劇場というタイトル・・・
ほんとに、いろいろな絵本が
一冊、一冊主役の顔をして、堂々と舞台に
上がってるという感じです

昨日(ブログ書いているうち日にちがずれましたので一昨日)、
NHKで絵本作家荒井良二さんの
「プロフェッショナル仕事の流儀」が放送されていました。

「自分の中の子どもが喜ぶ絵本」
を作っているという荒井さん、
大人が作る子どもの本の意味について
問いかけられるような映像でした。

子どもの本を書く時
自分の中の子どもと対話しているというようなことを
ケストナーやセンダックの著書でも読みました。

絵本は、大人なしでは子どもに伝えることはできません。

作り手が子どもの心といつも対峙するように

読み手も大人を忘れて、まっしろな感覚で
絵本を心から楽しみたいものですね

そこから、既成にとらわれない
新たな感覚が湧いてくるような気がします

たのしく読める英米の絵本―作品ガイド120
たのしく読める英米の絵本―作品ガイド120
桂 宥子

最近、読んでおります絵本の参考書(?)です。

英米の絵本の誕生から、現代の絵本までを網羅

絵本原文や解説、そして、一番好きな箇所は
一作品ごとの作者さんの履歴が載っているのです

コールデコット賞やグリーナウェイ賞受賞作品を中心に
紹介していますので、イチオシ作品ばかり載っています。
ぜひご参考に・・・


ミネルヴァ書房様・・・
次回は、「たのしく読める日本の絵本」出してくださいね!

ブックス・ビューティフル時代の画家の作品が
一同に載っている本を、今読んでいます。

1905年から1918年までの、挿絵黄金時代と言われる時に
活躍された画家さんです。

カラー図版も載っていて、美しいです。

これが、豪華本で登場したら、素敵だったことでしょう

高価で豪華なギフトブックを家庭の応接間に飾るのが
上流階級の愉しみだったそうです

今も、イギリスの絵本は、洗練された美しさが
ありますね

イギリスの長い伝統と絵本の歴史を感じさせてくれます。



子どもの本 黄金時代の挿絵画家たち
子どもの本 黄金時代の挿絵画家たち
リチャード ダルビー, Richard Dalby, 吉田 新一, 宮坂 希美江


1953年創刊の「岩波こどもの本」

小型の上製本の中に、美しい挿絵
当時の子どもたちに夢を与えたことと思います。

どの本も同じ大きさなので
特に翻訳絵本は
そのダイナミックさがなくなってしまい
そこがちょっと残念ですね

でも、子どもが自分で読むには、丁度よい大きさや
重さなので、自分で読めるようになる
小学校低学年の子どもたちにも
おすすめの絵本と思います。

小さな時から、絵本に親しんでこれなかった
お子さんに、いきなり大きな本は、苦痛ですね

そうゆう時、この「子どもの本」は大活躍してくれそうです。

「ちいさなおうち」「かにむかし」「きかんしゃやえもん」など
良いですね。

【はっぴぃ】にもありますが、「ひとまねこざる」も良いと
思います。

子どもたちは、主人公と同化しながら
本の世界を通して、様々な体験をします。
そして、現実の世界にもどった時、現実の世界を
より深く知るきっかけとなります。

古典や良書と呼ばれる絵本を、少し大きくなったお子さんにも
読む機会を与えてあげて欲しいと思います。

これは、小さい子が読む本などと言うのは
もったいないです。
本好きになるきっかけをつみとってしまいかねません。

もっともっと、柔軟に、
絵本の力は、幼くありません。

乗物絵本時代 単行本
乗物絵本時代 単行本
関田 克孝

乗物絵本・・・

街で安価に出回っている赤本に
代表される、電車や列車などの絵本を時代別に
紹介しています

その本の殆どが、作者が収集されたものだというから
すごいです

それに出版社は、旅行会社のJTBというところも
おもしろいです

乗物絵本(電車、列車)をこれだけ一同に
集めたものを見られるのは、本ならではの醍醐味ですね

しかもフルカラー、解説付・・・

乗物絵本は、その安価さからか、絵本という名前が
つきながら、絵本として扱ってもらえず
図書館などでは殆ど見かけませんね
家庭ではよく読まれると思いますが

こうやって見てみると、乗物絵本も捨てたものでは
ないと認識を新たにします

以前、絵本読みの講座に出かけて
読み方指導なるものを受けたことがあるのですが

絵本をいきなり
人前で読むというのは、苦労しますね

やはり絵本というのは、何回も読んでみて
その作風やテーマを自分なりにじっくり理解し
おもしろさが自分の中で消化しきれてから
読まないとだめだなぁと思いました

絵本読み講座通いは、とうとう、挫折してしまいました・・・

人が読んでくれた絵本を見るのは、楽しかったです

絵本読みにもその人なりの個性が出るのだなぁと
思いました

特に「もこもこもこ」は、劇場型といおうか
読んでもらってこそ、その素晴らしさがわかりますね

講座の先生は、「はらぺこあおむし」くらいは
暗記して読まないとだめと言われました

そうですね、ちょっと読めば、すらすらと次の言葉が
出てくるくらい、読みこまないと
集団の子どもをひきつけることはできませんね

暇をみつけては、絵本は声に出して読むように
しているのですが
いつかまた、人前で読んでみたいです

一番はじめに読みたいのは
「かばくん」です

短い文章ながら、いきいきとしていて
声にだすたびに、嬉しくなります

クシュラの奇跡―140冊の絵本との日々
クシュラの奇跡―140冊の絵本との日々
ドロシー・バトラー, 百々佑利子, Dorothy Butler

「クシュラの奇跡」、再読しました。

クシュラの幸せは、いつもそばにいて語りかけてくれる大人に
囲まれていたということ。
その語りかけに絵本は、大きな役割を果たしたということ

「絵本」は、子どもと大人を結ぶことができます

同じものを見、語りかけ、子どもが反応し、同じ感動を
わかちあい、そして、子どもは、絵本からの刺激で
着実に成長していきます。

その成長を見ることは、親の喜びとなり
ますます、絵本は、親子のきずなを深めます。

子どもの興味や成長によって、今度はどんな絵本を
読み聞かせてあげようかという、選書の楽しみも出てきます。

親子で楽しむことが大切なのです。

クシュラだけではなく、たくさんの子どもたちが
絵本を読んでもらう楽しさ、嬉しさを感じ
大人に見守られながら安心して成長していけるように・・


親子だけでなく、家族で、夫婦で、友達同士、大いに語りあいたいものですね!!

こどものとも0.1.2.


赤ちゃんの生活といえば、寝る、食べるというのが
基本的な生活ですね。

健康に育つための基本です。

それは、人間も動物も同じです。

規則正しい生活のリズムをだんだんと身につけていくのですね。

赤ちゃんとはじめに読む絵本は
赤ちゃんの生活に密着したものが良いと思います。

食べ物が出できたり、赤ちゃんの身近な物や人が出てきたり
生活や遊びの絵本です。

そんな絵本を開いて、ゆっくりゆったり

赤ちゃんは、聞くこと、見ることも大好きです

赤ちゃんの五感を刺激してあげること
お母さんと楽しい時間を持つことは
赤ちゃんの成長に大切なことですね

赤ちゃんと大好きな
大切な1冊をみつけて何度も繰り返し読んでくださいね


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

絵本のご購入について

記事内の「本のタイトル」をクリックすると[絵本古本マーケットはっぴぃ]の詳細ページが表示されます。カートから本をご購入できます。在庫1冊かぎりとなっておりますので、リンクをクリックして詳細ページが表示されない場合は売り切れております。

Archive

Recommend

絵本作家のアトリエ1 (福音館の単行本)
絵本作家のアトリエ1 (福音館の単行本) (JUGEMレビュー »)
福音館書店母の友編集部
「しょうぼうじどうしゃじぷた」の山本忠敬さん、「だるまちゃんとてんぐちゃん」の加古里子さん、「ぐりとぐら」の山脇百合子さんなど、こどものともでお馴染みの絵本作家さんのアトリエ訪問

Recommend

センダックの世界〈新装版〉
センダックの世界〈新装版〉 (JUGEMレビュー »)
セルマ・G.レインズ
1982年刊の新装版です。
少しお高いですが、
センダックファン必見の書です。

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

 (JUGEMレビュー »)

【はっぴぃ】も
ネット通販特集記事で
紹介していただきました

Recommend

鈴木サツ全昔話集
鈴木サツ全昔話集 (JUGEMレビュー »)
鈴木 サツ
鈴木サツさん語り、遠野昔ばなし

Recommend

Recommend

Recommend

「幻のロシア絵本」復刻シリーズ
「幻のロシア絵本」復刻シリーズ (JUGEMレビュー »)
サムイル マルシャーク,A. オルスーフィエワ,コルネイ チェコフスキー,V. トワルドフスキー,ウラジーミル レーベジェフ,レフ ユージン,ウラジーミル コナシェーヴィチ,リジヤ ポポーワ,沼辺 信一

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

子どもの本 黄金時代の挿絵画家たち
子どもの本 黄金時代の挿絵画家たち (JUGEMレビュー »)
リチャード ダルビー, Richard Dalby, 吉田 新一, 宮坂 希美江
イギリスブックスビューティフル時代の画家作品と解説書

Recommend

Recommend

砂漠でみつけた一冊の絵本
砂漠でみつけた一冊の絵本 (JUGEMレビュー »)
柳田 邦男
大人のための絵本ガイド

Recommend

絵本のつくりかた〈1〉―あこがれのクリエイターとつくるはじめての物語
絵本のつくりかた〈1〉―あこがれのクリエイターとつくるはじめての物語 (JUGEMレビュー »)
酒井 駒子, 荒井 良二, あだち なみ, 竹内 通雅, 100%ORANGE, みづゑ編集部

Recommend

 (JUGEMレビュー »)

こどものともの歴史

Recommend

絵本の作家たち (1)
絵本の作家たち (1) (JUGEMレビュー »)
小野 明, 長 新太
3巻あります。
絵本作家さんの初期作品や
書斎、インタビューなど
初の絵本作家本

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM