おどりトラ こどものとも370号

 

おどりトラ こどものとも370号

 

韓国・朝鮮の昔話

金森襄作/再話

鄭スク香(チョン・スクヒャン)/画

福音館書店

 

山奥に踊りの大好きなトラがいて

踊りに興じて、獲物を逃がしてしまい

仲間のトラから、山を追い出されてしまいます

 

やがて、おどりトラは、修行を重ね、踊ってお祈りすると

人々を困難から救うという不思議な力をもつようになりました

 

さらに、踊り上手になったおどりトラの手や足は

笛や太鼓の音が聞こえると、ひとりでに動きだすようになりました

 

トラというと、怖い動物のイメージですが

このおどりトラのおはなしは、滑稽で親しみやすい昔話です

 

最後のほうに、トラばしごのシーンが出てきます


日本にも似たような「千匹狼」という民話があり

狼が「オオカミばしご」を作り、人を襲い

最後には猫も出てきたりと

妖怪奇談のような怖いおはなしですが

 

こちらは、おどりトラによって、人が救われるという

結果的に、トラという山神さまに守られていると思える結末です

 

アムールトラは、朝鮮虎とも呼ばれ、古来より親しまれていたそうです

 

鄭スク香(チョン・スクヒャン)さんの、韓国(朝鮮)画も味わえますよ〜

のでのでので こどものとも年中向き通巻49号

 

 

のでのでので こどものも年中向き通巻49号

 

五味太郎/作
福音館書店

 

巻末に綴じ込み付録の「こどもとのともすごろく・はるのまき・」

がついている、レア本です!!


新谷雅弘さんの制作で

「ぐりとぐら」「だるまちゃんとかみなりちゃん」

「かばくん」「ムッシュ・ムニエル」
「たろうのおでかけ」「ぶたぶたくんのおかいもの」など

19作品の主人公たちが載っている、楽しいすごろく


切り取り用のコマもついている未使用の状態です

(しわ、よごれがございます)

 

このすごろくで遊んだみなさまには、なつかしいお品かと

思います

 

また、「こどものとも」ファンのみなさまにもおススメ!!

 

絵本は、五味太郎さんの人気作品「のでのでので」の初版本
1990年4月号の「こどものとも年中向き(通巻49号)」


文と絵が、「ので」で、どんどんつながっていきます

予想もつかないできごとが、つぎつぎと連鎖するので
びっくりしたり、愉快だったり・・・

 

そして、もっとびっくりは・・・最後と最初がつながっている

ぐるぐる話なのです(*^▽^*)

 

こどものともセレクション「ほたるホテル」カズコ・G・ストーン

 

ほたるホテル(こどものともセレクション6)

 

カズコ・G・ストーン/作

福音館書店

 

こんなすてきなホテルがあったら ぜひぜひ泊まってみたいです

 

ゆらゆら揺れる大きな柳の木の下に

夏だけ開業する「ほたるホテル」

暑い夏 疲れた虫たちが ゆっくり休めるホテルです

 

でも、それだけてはなくて

夜には とっておきのおたのしみがあるんです

 

ほたるホテルですから もうおわかりですね

 

ベッドもすてきです

ねこじゃらしのベッドは ふわふわで 気持ちがよさそうです

 

つゆくさのベッドは 青色に癒されて いい夢が見られそうです

 

夜風が ゆらゆら 柳の葉っぱを ゆすります

 

一晩中 きらきらと しずかな明かりがともる ホテルです

 

こんなホテルがあったなら きっときっと 泊まりにいきます

 

みずたまのチワワ こどものとも年中向き通巻137号
みずたまのチワワ こどものとも年中向き通巻137号

井上荒野/作
田中清代/絵
福音館書店

2008年「切羽へ」で直木賞を受賞した
小説家、井上荒野さんの1997年創作のはじめての絵本です

どこか奇妙な非日常的な世界と、日常が交差する空間に
アーム―は迷い込んでしまったのでしょうか

暑い夏の雨上がりの、むしむしした
空気があがってくるような日には
こんな奇妙な世界を見てしまうかもしれません

でも、顔を洗うと、きれいさっぱりもとの日常へ・・・

みずたまのチワワが帰る、みずたまの町が
きれいな水色なところが幻想的
チワワがふりかえって笑うところなど、こわ〜(;´Д`)

なぜチワワなのでしょうか
でも、チワワでなければいけないような気がしてきます

田中清代さんの絵が、この奇妙な世界をよく表現して
インパクトのある、不思議な空間へ連れて行ってくれます

2009年にこのおふたりで絵本を制作されています
↓↓↓ (Amazonより)

「ごろはちだいみょうじん」こどものとも傑作集 ★梶山俊夫★


「ごろはちだいみょうじん」こどものとも傑作集

中川正文/作
梶山俊夫/絵
福音館書店


村に住む、ごろはちというたぬき。
わるさばかりするけれど、どこか憎めないやつです

人間の食べ物を盗んだ次の日には
山の実をおかえしするという几帳面さ(^-^;

村の人は、からかい半分に
ごろはちだいみょうじんと呼んでいました

ある日のこと、汽車が村にやってきて
そんなもの見たこともない村の衆たちは
また、ごろはちにだまされとると
汽車の前にぞろぞろとやってきます

慌てたごろはちは・・・

とうとう、ほんとの五呂八大明神になって
森の社にまつられという

ちょっとせつない顛末です

ごろはちの一人称の文章は関西弁(*^▽^*)
おもしろ愉快な語り口でほろりとさせる人情話

ぴちこちゃんのけっこん 普及版こどものとも5(1980年版) 

ぴちこちゃんのけっこん

ベラ・ヘルド/原作
木島始/文
桂ゆき/画
福音館書店

桂ゆきさんは、1935年より60年間、独自の表現手法で
活躍され、女性芸術家の草分け的存在ともいわれた方で
昨年生誕100年の展覧会も開催されたそうです


子ども向けには、初期の「ノンちゃん雲に乗る」(石井桃子)の
挿画もてがけられています
本作品は、貴重なカラーの絵本作品

絵本という制約のある限られたスペースの中でうまれる
斬新で躍動感のある構図
柔らかで美しい色の組み合わせが楽しめます

すばらしくきれいでかわいいねずみのぴちこちゃん
ぴちこちゃんと結婚したい考えている動物たちが
つぎつぎプロポーズにやってきます
ぴちこちゃんが選んだお相手は?

おはなしは、日本の昔話の「ねずみの嫁入り」のようでも
ありますが、こちらは、自分がどんなにすばらしいか
アピールするのだけど、選ぶのはぴちこちゃんで
自分の意志で結婚相手をきめていくという
とてもたのもしい、現代女性版のおはなしです

「てつたくんのじどうしゃ」1980年版普及版こどものとも

てつたくんのじどうしゃ 普及版こどものとも7
(1980年版普及版第3刷)

わたなべしげお/作
ほりうちせいいち/絵
福音館書店

てつたくんが歩いていたら
車の部品がころころ、とんとん
やってきます
最後にエンジンを乗せて走り出しますが
何かが足りません
向きを変えられないのです

そこでてつたくんが、ハンドルをもって
飛び乗ると、自動車完成!

車には運転手が必要だったんです!

1969年に初版された絵本ですが
カラフルで明快な堀内誠一さんの絵は
少しも古さを感じさせません

わくわく感いっぱいです!


 

「どうながダック」19780年普及版こどものとも 永田力

どうながダック

普及版こどものとも8(1980年版) 


永田力
福音館書店

永田力さんは、絵画や
雑誌(オール読物、週刊朝日など)の表紙絵や挿絵でご活躍

絵本は本作が唯一の作品です
(現在は、発売されていません)

ちょっとせつないダックの心情を思わせるような
全色茶系で描かれた不思議な魅力が漂う絵です

小さいころから二羽のあひるたちにいじめられるダック
なのにやさしいダックはいじめられるがまま・・・
それどころか、ねこがあひるをいじめようとすると
それを助けたりします

ところがあひるたちは、ねこがいなくなるとまたダックをいじめます

耐えかねたダックはあひるたちを他のあひるが住んでいる池へ
追い払うことに!

あひるがいなくなって安心して暮らせるようになったダックでしたが
今度は、あひるがいじめられていないか心配になり・・・

どこまでも、やさしいダック
ほんとは、あひると仲良くなりたかったんだね(T_T)

「やこうれっしゃ こどものとも288号」西村繁男★1980年初版★


やこうれっしゃ こどものとも288号

西村繁男/作
福音館書店

1980年3月号の「こどものとも」です

当時の夜行列車の様子がなつかしい方もいらっしゃることでしょう

EF58110の機関車に
荷物車、客車、A寝台車、B寝台車を連結して
走ります

21時30分過ぎに出発した急行は
朝の7時55分頃目的地に到着しています

季節は冬
着いた先には雪が積もっています

たぶんですが、調べた結果
上野―金沢間を結ぶ夜行列車
「急行能登」ではなてかと思います
(あまり詳しくないので間違ってたらすみません)

スキー板を持った若者たち
風呂敷包みを背負うおばちゃんたち・・・
老若男女が乗り込む夜行列車から
昭和55年(1980年)当時の
人々の息遣いが聞こえてきそうです

客車で寝てる様子なんかも描かれてます
今は見られない貴重な様子ですね〜(´∀`)

背負子と半纏で赤ちゃんをおんぶしたお母さんと
お父さん、男の子の4人家族が主人公ですが
字のない絵本ですので
いろいろな見方ができますね

ゆうだち こどものとも年中向き100号ふくろにいれられたおとこのこ こどものとも年中向き150号
 

ゆうだち こどものとも年中向き通巻100号

中西恵子/作 福音館書店
 

ふくろにいれられたおとこのこ こどものとも年中向き通巻150号

フランス民話 山口智子/再話 堀内誠一/画 福音館書店


「ゆうだち」は、1994年7月号
鉛筆で細密に描かれた画面
光と影が黒の濃淡のみで描かれた田舎の風景は
おはなし同様、どこかにあるようでないような
不思議な世界を感じます


「ふくろにいれられたおとこのこ」は、1998年9月号です
年中向きとしては第1刷ですが
初版は、1982年こどものとも10月号です

堀内誠一さんガ描く外国のオニがユニーク!

人気絵本2冊再入荷です!


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

絵本のご購入について

記事内の「本のタイトル」をクリックすると[絵本古本マーケットはっぴぃ]の詳細ページが表示されます。カートから本をご購入できます。在庫1冊かぎりとなっておりますので、リンクをクリックして詳細ページが表示されない場合は売り切れております。

Archive

Recommend

絵本作家のアトリエ1 (福音館の単行本)
絵本作家のアトリエ1 (福音館の単行本) (JUGEMレビュー »)
福音館書店母の友編集部
「しょうぼうじどうしゃじぷた」の山本忠敬さん、「だるまちゃんとてんぐちゃん」の加古里子さん、「ぐりとぐら」の山脇百合子さんなど、こどものともでお馴染みの絵本作家さんのアトリエ訪問

Recommend

センダックの世界〈新装版〉
センダックの世界〈新装版〉 (JUGEMレビュー »)
セルマ・G.レインズ
1982年刊の新装版です。
少しお高いですが、
センダックファン必見の書です。

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

 (JUGEMレビュー »)

【はっぴぃ】も
ネット通販特集記事で
紹介していただきました

Recommend

鈴木サツ全昔話集
鈴木サツ全昔話集 (JUGEMレビュー »)
鈴木 サツ
鈴木サツさん語り、遠野昔ばなし

Recommend

Recommend

Recommend

「幻のロシア絵本」復刻シリーズ
「幻のロシア絵本」復刻シリーズ (JUGEMレビュー »)
サムイル マルシャーク,A. オルスーフィエワ,コルネイ チェコフスキー,V. トワルドフスキー,ウラジーミル レーベジェフ,レフ ユージン,ウラジーミル コナシェーヴィチ,リジヤ ポポーワ,沼辺 信一

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

子どもの本 黄金時代の挿絵画家たち
子どもの本 黄金時代の挿絵画家たち (JUGEMレビュー »)
リチャード ダルビー, Richard Dalby, 吉田 新一, 宮坂 希美江
イギリスブックスビューティフル時代の画家作品と解説書

Recommend

Recommend

砂漠でみつけた一冊の絵本
砂漠でみつけた一冊の絵本 (JUGEMレビュー »)
柳田 邦男
大人のための絵本ガイド

Recommend

絵本のつくりかた〈1〉―あこがれのクリエイターとつくるはじめての物語
絵本のつくりかた〈1〉―あこがれのクリエイターとつくるはじめての物語 (JUGEMレビュー »)
酒井 駒子, 荒井 良二, あだち なみ, 竹内 通雅, 100%ORANGE, みづゑ編集部

Recommend

 (JUGEMレビュー »)

こどものともの歴史

Recommend

絵本の作家たち (1)
絵本の作家たち (1) (JUGEMレビュー »)
小野 明, 長 新太
3巻あります。
絵本作家さんの初期作品や
書斎、インタビューなど
初の絵本作家本

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM