「ボリボン」マレーク・ベロニカ

 

ボリボン

 

マレーク・ベロニカ/文・絵

みやこうせい/訳

福音館書店

 

この作品は、1958年に出版されたベロニカさんの処女作を

ベロニカさん自身が描き改めた、日本語版オリジナル作品

だそうです

 

ハンガリーの人気絵本作家さんであるベロニカさんが

日本の読者のために新たに制作してくださるなんて

とても嬉しいことですね

 

大切なことに気づいて、少年が成長する物語は

人気作品「ラチとらいおん」につうじるものがありますね

 

余計な背景などはなく、シンプルでわかりやすい絵も

子どもたちの心に内容がストレートに響くのではないでしょうか

 

主人公のガビは、なんでもこわしてしまう、いたずらっこです

 

ある日、お母さんが、ガビにくまのぬいぐるみをくれました

 

ボリボンという名のくまとボリボンは喜んで

あそびはじめました

 

ボリボンは、ゆうびんやさんになったり

とこやさん、サッカーせんしゅ、コックさん、指揮者、えかきさん

になったりしました

(いろいろに変身したボリボンは、とっもかわいいです!)

 

最後にお医者さんごっこをはじめたガビは

患者さんのボリボンのおなかをじょきじょき!!

 

そのまま、あそびにいってしまいました

 

あそびから帰ると、ボリボンがいません!

 

ガビは、ボリボンが逃げだしたと思い

あちこち探しにいきますが、みつかりません

 

かわいそうなボリボン!

カビはかなしくなって、泣き出しました

 

すると・・・

 

ボリボンはなにもしゃべらない、ただのぬいぐるみです

でも、だからこそ、子どもにとって

自分の心を投影でき

いろいろなことを想像できる

大切な心のおともだちなんですね きっと

 

 

 

うららちゃんののりものえほん「でんしゃにのって」とよたかずひこ

 

うららちゃんののりものえほん「でんしゃにのって」

 

とよたかずひこ/作

アリス館

 

電車にのって、うららちゃんは、おばあちゃんのところへ

ひとりでおでかけです


降りる駅は「ここだ駅」です

 

「わにだ駅」「くまだ駅」「ぞうだ駅」・・・

と面白い名まえの駅につぎつぎと到着!

 

すると、わにだ駅ではわにさんが・・

くまだ駅では、くまさんが・・

ぞうだ駅では、でっかいぞうさんが・・


はじめは、うららちゃんひとりで座っていた座席も

いつのまにかぎゅうぎゅう満員に

うららちゃんのまわりは、愉快な動物さんたちでいっぱいです

 

電車がガタゴトーガタゴトーとゆれて
うららちゃんも、みんなも、うとうと

 

のーんびり愉快な、電車絵本

 

ここだ駅で待っていたのは、おばあちゃん

うららちゃんの電車のたびはおしまいです

 

ほんとに乗ってきたのは、動物さんだったのかなー

「のってのって けんちゃんとあそぼう1」黒井健

 

のってのって けんちゃんとあそぼう1

 

くろいけん/作

あかね書房

 

「けんちゃんとあそぼう」シリーズは全3巻

 

「のってのって」

「でんぐりでんぐり」(売却済み)

「まねっこまねっこ」(売却済み)

 

けんちゃんが、想像力豊かに遊ぶシリーズです

 

「のってのって」は乗り物ごっこ

 

けんちゃんのおもちゃの自動車が

いろいろな乗り物に変身します!

 

けんちゃんが、口真似する車の音で

何の車かあてっこできるのも

たのしい構成です

 

オートバイ、パトカー、消防車、バス

最後には乗り物大集合!

 

乗り物好きの小さなみなさん、必見ですね〜

 

けんちゃんは、黒井健さんご自身の幼少期?

 

と、思ったら

 

巻末の奥付頁に黒井健さんと、肩車されたおぼっちゃんの写真が!

 

あっ! けんちゃんは、おぼっちゃんそっくり〜

 

やさしいお父さんの眼差しが垣間見える作品でした〜(´▽`*)

おひさまにキッス

 

おひさまにキッス

 

谷山浩子/作
高林麻里/絵
小学館

 

シンガーソングライターでもある谷山浩子さんの

10話のちいさなおはなし

 

おひさまから手紙をもらったブンタくんのはなしとか

 

ねこの劇団のはなしとか

 

ねここちゃん時がある時計をもらった、ねここちゃんのはなしとか

 

小さな水たまりと空のはなしとか

 

お風呂にいる透明な魚、フロルちゃんのはなしとか・・・

 

ちょっと不思議だけれど、いいなーと思えるような

心にふわっと届くおはなしの贈りものです

 

さらに、高林麻里さんの絵が、いいなーいいなーと思います

「かおかおどんなかお」柳原良平

 

かおかおどんなかお

 

柳原良平/作

こぐま社

 

顔に目がふたつ

鼻がひとつ

口もひとつ

 

とっても単純な形と線であっというまに

顔のできあがり!

 

その顔の百面相のはじまり、はじまり・・・

 

たのしいかお かなしいかお

いたずらなかお すましたかお・・・

 

顔の形や色、目や口の形も変化します

背景の色も変化します

 

人は表情で、他の人の気持ちまでわかってしまうんですね

顔色をうかがうなんて言いますが

コミュニケーションの第一歩ですねぇ

 

いろいろな顔をためしてみたくなりますが

やっぱり、にこにこ笑顔がいちばんですね!

 

ページ内がやぶれて、セロテープ補修してあるところが

2箇所あります<m(__)m>

 

ご注文の際には、よろしくお願いいたします

はじめてのキャンプ

 

はじめてのキャンプ

 

林明子/作・絵

福音館書店

 

人気絵本「はじめてのおつかい」(福音が館書店)では

主人公みいちゃんの、一生懸命さがつたわってくる

林明子さんのイラストに、大人も感動ですね!

 

本作は、小さいなほちゃんが、大きい子と一緒に

はじめてのキャンプに出かけるおはなしです

 

自分から行きたいと言いだしたなほちゃんなので

荷造りも、荷物運びも、まきひろいも

健気に一生懸命頑張ります

 

楽しいこともたくさん!

 

そして、夜には・・・

 

モノクロに、おもに黄色のさし色が

やわらかな雰囲気をつくっています

 

はじめてのどきどき感や達成感

子どもの頃の、みずみずしい感性があふれて

いいなーと思います

 

これから迎えるキャンプのシーズン・・・

キャンプって、どんなこと?って

はじめての人へ、わかりやすく伝えてくれます

 

 

こえにだしてよみましょう

こえにだしてよみましょう

フランチシェク・フルビーン/文 
イジー・トゥルンカ/絵 
きむらゆうこ/訳 
プチグラパブリッシング 


チェコの子どものための詩の絵本です

チェコでは、みんなこの詩を知ってるそうです

いろいろな子どもや大人、動物などが
登場しますが

チェコも日本も、みな同じなんですね

 

なので、日本語の詩になっても面白く読めます


イジー・トゥルンカの特徴ある
頭でっかちの絵は、洗練された雰囲気ですね

ユーモラスなところも!

そんなたくさんの挿絵が楽しめます

新品バーゲンブックで再入荷!!

定価より若干お安め・・・

きんのえんとつ

 

 

きんのえんとつ

 

ミシェル・マリオネット/絵

藤田圭雄/文

至光社(国際版絵本) 

 

 

「あおくんときいろちゃん」(レオ・レオニ/至光社)の翻訳も

手がけていらっしゃる藤田圭雄さんが
1970年に書かれた作品の復刻版(2007年)です

 

絵は、フランスの画家、ミシェル・マリオネットさん

モノクロの柔らかなコンテ画です


子猫と一緒に町の煙突掃除をするしゃるぼん

ある夜、きんのえんとつの夢をみます
そのえんとつは、ふたりを遠い世界へ連れて行ってくれるのです


実現するまで、夢をあきらない心、

仲間がいることの力強さ、希望にあふれたおはなしです


しゃぼんは、ヨーロッパの伝統的な煙突掃除人の格好で描かれています
煙突掃除屋さんは、幸運を運んできてくれるシンボルだそうですね


お人形みたいなしゃぼんをはじめ

馬車や機関車、シチュー屋台の車など、すべてが
まるでおもちゃ箱から飛び出したようです

 

相棒のねこちゃんもかわいいです〜(*^▽^*)

高畠純「十二支のはやくちことばえほん」

 

十二支のはやくちことばえほん

 

高畠純/作
教育画劇

 

 

高畠純さんの「ことばあそびえほんシリーズ」

 

十二支の動物たちが、繰り広げる楽しいことばあそびの世界!

 

とぼけた味のセンスあふれる絵で
笑えて、ためになる、ユニークな、ことば絵本です


つぎつぎ出てくるリズミカルな早口ことばにのって

子丑寅・・・と十二支が順番に愉快な
パフォーマンスを披露!


文は全部、早口ことばなので、大人も子どもも楽しめて

親子でコミュニケーションが広がりそう!


頁内は、ほぼ未読の美本♪

 

ハガキ大の、絵本紹介カード、2枚付きです♪

天動説の絵本

 

天動説の絵本

 

安野光雅/作

福音館書店

 

「天動説」を信じていた人々が

やがて「地動説」という考えもあることを知り

困惑していく姿を描いた
まったく違った視点から、地球や宇宙について

思いをめぐらす絵本です

 

地球や宇宙の姿に気づきはじめた頃の新鮮な驚きや脅威を

感じることができます


広い水平線の上に居ながら、あたり前のこととして

丸い地球が動く姿を理解できる現代の人々
そこまでの、遠く険しい科学の歴史が見えます


絵は、はじめ平らだった大地が、じょじょに丸みをおびていき

最後は、地球の全体像として、見ることができる
地球儀の姿となっていきます


だんだんと形を変える大地の上では

人々の姿が古びた古文書か絵巻物のように描かれています
 

科学の発達した今でも、地球が回っていることや

宇宙の様子を実際に見たり、感じたりすることはできません
科学者の考えを理解し、その姿を想像するだけです

その点では、昔も今も変わりないのかもしれませんね
 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

絵本のご購入について

記事内の「本のタイトル」をクリックすると[絵本古本マーケットはっぴぃ]の詳細ページが表示されます。カートから本をご購入できます。在庫1冊かぎりとなっておりますので、リンクをクリックして詳細ページが表示されない場合は売り切れております。

Archive

Recommend

絵本作家のアトリエ1 (福音館の単行本)
絵本作家のアトリエ1 (福音館の単行本) (JUGEMレビュー »)
福音館書店母の友編集部
「しょうぼうじどうしゃじぷた」の山本忠敬さん、「だるまちゃんとてんぐちゃん」の加古里子さん、「ぐりとぐら」の山脇百合子さんなど、こどものともでお馴染みの絵本作家さんのアトリエ訪問

Recommend

センダックの世界〈新装版〉
センダックの世界〈新装版〉 (JUGEMレビュー »)
セルマ・G.レインズ
1982年刊の新装版です。
少しお高いですが、
センダックファン必見の書です。

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

 (JUGEMレビュー »)

【はっぴぃ】も
ネット通販特集記事で
紹介していただきました

Recommend

鈴木サツ全昔話集
鈴木サツ全昔話集 (JUGEMレビュー »)
鈴木 サツ
鈴木サツさん語り、遠野昔ばなし

Recommend

Recommend

Recommend

「幻のロシア絵本」復刻シリーズ
「幻のロシア絵本」復刻シリーズ (JUGEMレビュー »)
サムイル マルシャーク,A. オルスーフィエワ,コルネイ チェコフスキー,V. トワルドフスキー,ウラジーミル レーベジェフ,レフ ユージン,ウラジーミル コナシェーヴィチ,リジヤ ポポーワ,沼辺 信一

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

子どもの本 黄金時代の挿絵画家たち
子どもの本 黄金時代の挿絵画家たち (JUGEMレビュー »)
リチャード ダルビー, Richard Dalby, 吉田 新一, 宮坂 希美江
イギリスブックスビューティフル時代の画家作品と解説書

Recommend

Recommend

砂漠でみつけた一冊の絵本
砂漠でみつけた一冊の絵本 (JUGEMレビュー »)
柳田 邦男
大人のための絵本ガイド

Recommend

絵本のつくりかた〈1〉―あこがれのクリエイターとつくるはじめての物語
絵本のつくりかた〈1〉―あこがれのクリエイターとつくるはじめての物語 (JUGEMレビュー »)
酒井 駒子, 荒井 良二, あだち なみ, 竹内 通雅, 100%ORANGE, みづゑ編集部

Recommend

 (JUGEMレビュー »)

こどものともの歴史

Recommend

絵本の作家たち (1)
絵本の作家たち (1) (JUGEMレビュー »)
小野 明, 長 新太
3巻あります。
絵本作家さんの初期作品や
書斎、インタビューなど
初の絵本作家本

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM